ペイントホームズ
大阪北店

シーリングはダメ!クリヤー塗料の注意点とは?

クリヤー塗料は外壁のデザインを残しつつ保護することができ、艶も付けることの出来る塗料ということを前回お話ししていました。今回はクリヤー塗料のデメリットについてお話ししていきたいと思います。

〖クリヤー塗料のデメリット〗

①シーリング部分に塗装出来ない→通常、シーリング部分に塗料を塗布することは可能ですがクリヤー塗料ではシーリング部分に向かない傾向があります。色が付いていない塗料のため紫外線を反射せず、シーリングがクリヤー塗料の塗膜内で劣化してしまうことがあるからなのです。そのため、ひび割れや肉やせが起きた時に一緒に割れたり剥がれやすくなったりすることがあります。

②フッ素塗料を使用した外壁に向かない→フッ素塗料などの汚れや水を弾く塗膜の上からクリヤー塗料は密着することが困難な状態になります。塗装してもすぐ剥がれる恐れがあるためクリヤー塗料は向きません。

③劣化現象を隠せない→通常の塗料とは異なり、クリヤー塗料は色褪せやひび割れなどの症状を隠すことができません。劣化現象がそのまま外観に残ってしまうので美観の向上は難しいでしょう。

今回はクリヤー塗料のデメリットについてお話ししました。メリットの大きい塗料ではありましたがデメリットも知っておくことでクリヤー塗料を使用する際に役立てて頂けたらと思います。