ペイントホームズ
大阪北店

茨木市U様邸 ベランダ手すり防水

みなさん、こんにちは!

ペイントホームズ大阪北店の小林です(^O^)/

今日から4月到来!

初日から青空が広がる良い天気で、各地で桜の花も咲いているみたいですね(*^-^*)

気温も高く、少し動くと汗ばむくらいの暖かさです。

今日みたいな日は現場の作業も捗って助かります(^_-)-☆

早速ですが、今回は先日施工した現場のベランダ手すり防水についてご紹介いたします。

最近は手すりもアルミ笠木が一般的ですが、以前は鉄製やコンクリ仕上げが多かったので定期的にメンテナンスする必要があります。

◆手すりウレタン防水◆

手すりは経年による汚れが付着しており、外壁洗浄の際に高圧洗浄で綺麗に洗い流しています。

その後、防水工事の前にも皮漉きによるケレン処理とブラッシング清掃を行いました。

汚れの付着は塗装工事において天敵なためできるだけ綺麗に掃除します。

次にウレタン防水用の下塗り材を塗布します。

そのまま素地の上に上塗りすると剥がれの原因となるためです。

下塗り乾燥後、防水工事のメインとなるウレタン防水材を塗布します。

この工程が不十分だと塗料の防水性が低下するので入念に塗装します( `ー´)ノ

塗装後は少し厚みのある質感に仕上がります。

最後に防水塗料を直射日光から保護するためのトップコート材を塗布して完成です。

防水層が直接紫外線を浴びると傷みやすいため、一定期間ごとにトップコート材を塗り直すことで長期間防水性を維持できます(*^^)v

施工前と比べて格段に綺麗になるので美観的にも価値があります。

それでは今回はこの辺で…

ペイントホームズ大阪北店

アドバイザー:小林