ペイントホームズ
大阪北店

オススメされる工事頻度は10年 その訳は?

外壁塗装を行うのは約10年とよく言われています。塗料によっては10年以上持つものもあるのにどうして10年と言われるのか疑問に思ったことはありませんか?今回は外壁塗装が10年と言われる訳をお話しします。

・10年で劣化現象が現れやすいから

外壁塗装の寿命が一般的に10年とされる理由は、築10年で劣化現象が顕著に現れるからです。通常、新築の建物には寿命がおおよそ5~8年とされる耐久性の低い塗料が使用されています。この経過時間により、外壁が色褪せ、ひび割れ、チョーキング、塗膜の剥がれなどの目に見える劣化が生じます。

・外壁に使用されやすい塗料の耐久年数が10年だから

コストパフォーマンスが高いとされるシリコン塗料が一般的で、多くの住宅がこれを採用しています。シリコン塗料の耐久性は一般的に10年程度であり、この期間ごとに塗装工事が推奨されています。したがって、外壁塗装が10年とされる理由には、主にシリコン塗料の耐久年数が影響しているからです。

今回は塗装工事が10年と言われる理由についてご紹介しました。次回は10年おきに工事をするメリットについてご紹介していきます。