ペイントホームズ
大阪北店

外壁塗装の塗膜を劣化させる3大要因を解説!

綺麗に住宅を塗装しても時が経てば劣化してしまいますよね。経年劣化はもちろん、それ以外にも塗膜を劣化させる要因が存在します。今回は、どのような劣化要因があるのかをご紹介していきます。

 

⒈紫外線

よく聞く劣化要因として挙げられるのが紫外線になります。紫外線は塗膜の顔料(酸化チタン)に反応してラジカルを発生させます。この化学反応により塗膜が破壊され、色褪せやチョーキング、ひび割れなどの劣化現象が起こってしまいます。

 

⒉雨

雨も劣化要因として知られており、カビやコケの繁殖に繋がりやすくなります。また塗膜が雨水や湿気を吸い込むことで雨漏りが起こるリスクが高まります。

 

⒊台風や地震などの自然災害

自然災害で被害を受ける建物は少なくありません。強い雨風を起こす台風や地面からの衝撃が大きい地震などは塗膜や外壁材にダメージが加わりやすく、ひび割れが起こったり、雨水で外壁材の腐食が起こりやすくなります。

 

 

住宅や建物は常に天候に野晒し状態なので劣化から逃れることができません。この様な要因から外壁材や住宅の構造を守るために定期的な塗装工事が勧められています。今回は塗膜を劣化させる要因をご紹介しました。