ペイントホームズ
大阪北店

雨が降ると塗装工事が中断される理由

梅雨の時期や雨の日などには塗装工事が一時中断されることが多くあります。皆さんは、なぜ雨が降る日に工事が中断されるのか知っていますか?職人が作業しづらいだけでなく塗装の品質に影響が出てしまうからなのです。ではどのような影響があるのでしょうか?以下に簡単にまとめます。

<雨が塗装に与える影響>

塗料が雨に流される⇨雨の日に外壁に塗装をすると、塗りたての塗料が雨で流され、外観に支障が出てしまいます。雨には空気中の汚れが含まれているため塗料と混ざり汚れが付着してしまうリスクもあります。

塗料の性能が落ちる⇨雨が塗料と混ざると、優れた性能を持つ塗料でもその効果や耐久性が損なわれます。雨の日に作業を進めると、品質や耐久性に劣った塗膜ができあがってしまいます。

密着力が落ちる⇨雨の日は湿気が多いため外壁に水分が多く付着しています。その上から塗装を行ってもピタッと密着せず、剥がれやすい塗膜になってしまいます。

今回は雨の日に塗装工事が中断される理由についてまとめました。